タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP覚え書きMySQL → This Page

Windows で MySQL を使おう
MySQL 4.0 インストール方法

前提

このページに記載している内容は 2004/09/14 に書かれたものです。
掲載している画面や方法が将来的に変更されている場合があります。
また、掲載しているインストール方法は Windows 2000、Windows XP の場合です。
(追記)MySQL 4.0.26 でも動作しました。(2006/01/30)

MySQL のダウンロード

以下のダウンロードサイトにアクセスします。
http://www.softagency.co.jp/MySQL/downloads/index.html
(2006/01/30 現在では 4.0 は http://dev.mysql.com/downloads/mysql/4.0.html に移動)

画面に以下の図の部分があると思います。
今回は MySQL 4.0 をダウンロードします。
(MySQL 4.1 〜5.0.1 はまだ正式版ではなく、不安定なため)
「MySQL 4.0」リンクをクリックするとダウンロードページに移動します。
図:ダウンロードサイト1

ダウンロードページの以下の図の部分の「Windows(x86)」の行の
「Download」をクリックするとダウンロードが開始されます。
図:ダウンロードサイト2

MySQL Connector/J のダウンロード

MySQL Connector/J は必須ではありませんが、Java プログラムから MySQL 使う場合や
Windows で Scarab を使おう のコーナーで解説している
Scarab 1.0-b19 を使う場合には必要です。

以下のダウンロードサイトにアクセスします。
http://www.mysql.com/products/connector/j/

画面に以下の図の部分があると思います。
今回は MySQL Connector/J 3.0 をダウンロードします。
(MySQL Connector/J 3.1 はまだ開発版なので)
「MySQL Connector/J 3.0」リンクをクリックします。
図:ダウンロードサイト1

次のページの以下の図の部分の「Pick a mirror」(下側)をクリックします。
図:ダウンロードサイト2

次のページの以下の図の部分の「FTP」または「HTTP」をクリックすると
ダウンロードが開始します。
図:ダウンロードサイト2

MySQL のインストール

ダウンロードしたファイルを実行します。
基本的にインストール画面の指示に従っていけば特に問題なく
インストールできると思うので詳細は省略します。
(途中 Setup Type 画面で Type を選択する必要がありますが、普通は Typical で問題ありません)

今回の覚え書きでは C:\mysql にインストールします。

MySQLの設定

C:\mysql\bin にある winmysqladmin.exe を実行します。
「WinMySQLadmin Quick Setup」画面が表示されるので、
「User Name」にユーザー名「Password」にパスワードを英数字で入力し、
OK ボタンを押します。
ここで入力するユーザ名とパスワードは特権ユーザになるので
入力した値は忘れないで下さい。

次に「WinMySQLadmin」画面の「my.ini Setup」タブをクリックし、
右下のテキストエリアに以下の内容を追記します。
------------------------------------------------------------
以下は文字コードを EUC-JP で使う場合
[mysqld]
のセクションに
default-character-set=ujis
を追記し、さらに以下を追記

[mysql]
default-character-set=ujis
[mysqldump]
quick
default-character-set=ujis
[client]
default-character-set=ujis

------------------------------------------------------------
以下は文字コードを Shift-JIS で使う場合
[mysqld]
のセクションに
default-character-set=sjis
を追記し、さらに以下を追記

[mysql]
default-character-set=sjis
[mysqldump]
quick
default-character-set=sjis
[client]
default-character-set=sjis
図:WinMySQLadmin

画面左にある「Save Modification」ボタンを押し、
確認メッセージが出たら「はい」を押してください。

次に「WinMySQLadmin」画面の適当な場所で右クリックを押します。
ポップアップメニューが表示されるので
「Win NT」→「Stop the Service」を選択します。
確認メッセージが出たら「はい」を押してください。
しばらくすると画面右上の信号マークが青(緑)→黄→赤になります。

赤になったら再度右クリックでポップアップメニューを表示させ、
「Win NT」→「Start the Service」を選択します。
確認メッセージが出たら「はい」を押してください。
しばらくすると画面右上の信号マークが赤→青(緑)になります。

これで終わりなのでこの画面をアイコン表示に戻します。
右クリックでポップアップメニューを表示させ、
「Hide me」を選択します。

環境変数の設定

Windows のメニューより、「コントロールパネル」→
「システム」で「システムのプロパティ」画面を表示させます。
(「マイコンピュータ」の右クリックで「プロパティ」を選択でも可)
「システムのプロパティ」で「詳細」タブをクリックし、
「環境変数」ボタンをクリックします。
(画面は Windows 2000 と XP で若干違います)
図:システムのプロパティ

「環境変数」画面の「システム環境変数」一覧にある「PATH」を選択し、
「編集」ボタンをクリックします。
図:環境変数

「システム変数の編集」画面で元の値の最後に
;C:\mysql\bin を追加して OK ボタンを押します。
(元の値は絶対に消さないで下さい)
図:システム変数の編集

確認

Windows のメニューより、「アクセサリ」→
「コマンド プロンプト」で「コマンドプロンプト」を表示させ、
mysql と入力してエンターキーを押します。
以下のような結果が表示されればインストール&設定は正常にされています。
図:確認

エラーが出た場合はたいてい環境変数の設定が間違っています。
・スペルミスはないか?
・パスが正しいか?
・PATH 変数の設定はセミコロン(;)を頭に付けたか?
などを確認して下さい

上記画面を終了する際は quit と入力してエンターキーを押して下さい。

データベースの設定

再度コマンドプロンプトを立ち上げて mysql -u root と入力してエンターキーを押します。
これで管理者「root」ユーザで MySQL に接続している状態になります。
root ユーザは管理者なのに初期パスワードが空で危険なので、パスワードを設定してあげます。
set password for root=password('設定パスワード'); と入力してエンターキーを押します。
(もちろん上記の 設定パスワード 部分はちゃんとしたパスワードを指定して下さい)
次に flush privileges; と入力してエンターキーを押します。
これでパスワードの設定は完了です。

次に、インストール時に勝手に作成されたパスワードなしユーザ(基本的に不要なユーザです)を削除します。
以下をそれぞれ入力→エンターキーで実行して下さい。
use mysql;
delete from user where password='';
flush privileges;
これで不要ユーザの削除は完了です。

TOP覚え書きMySQL → This Page
Valid CSS!