タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP覚え書きMySQL → This Page

Windows で MySQL を使おう
MySQL Administrator のインストール

前提

このページに記載している内容は 2006/02/08 に書かれたものです。
掲載している画面や方法が将来的に変更されている場合があります。
また、掲載しているインストール方法は Windows 2000、Windows XP の場合です。

MySQL Administrator とは

名前から推測できると思いますが、MySQL のデータベースサーバを GUI ベースで管理できるツールです。

MySQL Administrator のダウンロード

以下のダウンロードサイトにアクセスします。
http://www.mysql.com/products/tools/administrator/

画面に以下の図の部分があると思います。
「Download Binaries & Source 」リンクをクリックするとダウンロードページに移動します。
図:ダウンロードサイト1

次に MySQL Administrator のバージョンを選択します。
特に問題なければ「MySQL Administrator 1.1」をクリックします。
図:ダウンロードサイト2

次にファイルの種類を選択します。
インストーラ付きとインストーラなしを選べますが、インストーラ付きの方が楽なので
「Windows (x86)」と書かれている行の右にある「Pick a mirror」をクリックします。
図:ダウンロードサイト3

最後にダウンロード先を選択します。
ページの前半は「ユーザ登録」になっていますが、無視して後半にある
「Mirrors in : Japan」と書かれている部分にある「HTTP」をクリックします。
これでインストーラのダウンロードが開始します。
図:ダウンロードサイト4

MySQL Administrator のインストール

ダウンロードしたファイルを実行します。
基本的にインストール画面の指示に従っていけば特に問題なく
インストールできると思うので詳細は省略します。

MySQL Administrator の実行

スタートメニューに「MySQL」>「MySQL Administrator」が作成されているので選択します。

MySQL Administrator が起動するのでホスト名、ユーザ名、パスワードを入力して「OK」を押します。
図:ログイン画面

無事接続できたら次の画面になります。
図:メイン画面

TOP覚え書きMySQL → This Page
Valid CSS!