タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP覚え書きPHP → This Page

Windows で PHP を使おう
PHP5 インストール・設定方法(IIS 編)

前提

このページに記載している内容は 2005/07/24 に書かれたもので、バージョン 5.0.4 前提です。
掲載している画面や方法が将来的に変更されている場合があります。
また、掲載しているインストール方法は Windows 2000、Windows XP の場合です。

必要環境

PHP の動作には Web サーバが必要です。
今回は IIS を使って PHP を動作させることとします。
IIS のインストール方法や操作方法は頑張って調べて下さい(^^;;
同じマシンに Apache などの他のウェブサーバが入っている場合はポート番号にご注意下さい。

PHP モジュールの種類

PHP のモジュールには
・zip package
・installer
の二種類があります。
一見、installer の方が楽で良さそうに感じられますが、
installer は CGI 版のバイナリしか入っていないのに対して
zip package は CGI 版のバイナリ+SAPI 版のバイナリが入っています。
いずれも動作しますが、CGI 版はパフォーマンスが悪いため
zip package を使用しましょう。

PHP のダウンロード

以下のダウンロードサイトにアクセスします。
http://www.php.net/downloads.php

画面に以下の図の部分があると思います。
「PHP 5.0.4 zip package」リンクをクリックします。
図:ダウンロードサイト1

次の画面に移ったら、以下の図の部分のリンクをクリックします。(どっちのリンクでも可)
するとダウンロードが開始します。
図:ダウンロードサイト2

PHP のインストール

ダウンロードした ZIP ファイルを解凍します。
Windows XP ならファイルの右クリックで「解凍」を選択するだけで
解凍出来ますが、Windows 2000 は別途解凍ソフトが必要です

今回の覚え書きでは解凍したフォルダを C ドライブの直下に配置します。
また、トップフォルダ名を「php」に変更します。
その場合、以下のような構成になっているはずです。
C:\php
+dev
+ext
+extras
+PEAR
解凍ソフト(またはその設定)によってはフォルダが
「C:\php\php-5.0.4-Win32」
のようにトップのフォルダが2重になっている場合があります。
その場合は「C:\php」になるように調整して下さい

ファイルのコピー

C:\php\php.ini-dist を C:\Windows にコピーし、ファイル名を php.ini に変更します。
C:\php\php5ts.dll を C:\Windows\system32 にコピーします。
C:\php\php*.dll 以外の *.dll を C:\Windows\system32 にコピーします。
(環境によっては C:\Windows ではなく、C:\Winnt になります)
また、場合によってはインターネットゲストアカウントに対して
C:\Windows\php.ini の読取り権限が必要かもしれません。

設定ファイルの編集

C:\Windows\php.ini をテキストエディタで開き、以下を編集します。
(検索すると同じ項目があると思うので先頭のセミコロンを削除しておきます)
include_path = ".;c:/php/includes;c:/php/pear"
doc_root = "C:/Inetpub/wwwroot"
extension_dir = "c:/php/ext"
extension=php_mbstring.dll
output_buffering = On
output_handler = mb_output_handler
default_charset = Shift_JIS
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = SJIS
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = SJIS
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none

IIS の設定

IIS を起動し、「規定の Web のサイト」で右クリック→「プロパティ」を選択します。
図:IIS 設定画面1

「規定の Web のサイトのプロパティ」が開くので「ISAPI フィルタ」タブを選択し、
「追加」ボタンを押します。
図:IIS 設定画面2

「フィルタのプロパティ」が開くので以下のように設定し、「OK」ボタンを押します。
・フィルタ名 :php
・実行ファイル:C:\PHP\php5isapi.dll
図:IIS 設定画面3

「規定の Web のサイトのプロパティ」に戻るので「ホームディレクトリ」タブを選択し、
「構成」ボタンを押します。
図:IIS 設定画面4

「アプリケーションの構成」が開くので「追加」ボタンを押します。
図:IIS 設定画面5

「アプリケーションの拡張子マッピングの追加 編集」が開くので以下のように設定し、
「OK」ボタンを押します。
・実行ファイル:C:\PHP\php5isapi.dll
・拡張子   :.php
・動詞    :制限を選択
        GET,HEAD,POST,TRACE
図:IIS 設定画面6

確認

テキストエディタで以下の記述をしたファイルを作成します。
<?php phpinfo(); ?>
(一字一句間違ってはいけません)

上記ファイルを C:\Inetpub\wwwroot にコピーし、
ファイル名を phpinfo.php に変更します。

ブラウザを立ち上げ、http://localhost/phpinfo.php の URL に移動します。
以下のような画面になれば PHP のインストールは成功です。
図:PHP 動作確認画面

TOP覚え書きPHP → This Page
Valid CSS!