タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOPJava環境構築 → This Page

eclipse のプラグイン Subversive

前提

このページに記載している内容は 2010/11/07 に書かれたものです。
掲載している画面や方法が将来的に変更されている場合があります。
また、掲載しているインストール方法は
・eclipse 3.6.1(Helios)(64bit)
・Java 6 update 20(64bit)
・Windows 7(64bit)
の環境で試しています。
プラグインのバージョンはeclipseのバージョンに合わせるようにしましょう。
(バージョンを気にせずとも動くプラグインもありますが、全く動かないプラグインもあります)

概要

Subversive はeclipse上からSubversionを利用するためのプラグインです。
同じようなプラグインとして「subclipse」がありますが、
eclipse 3.6(Helios) でのインストール方法が分からなかったので今回はパス(^^;;
(eclipse 3.5(Galileo)までなら分かるんだけど・・・)

インストール

eclipseを起動し、メニューの「ヘルプ」>「新規ソフトウェアのインストール」を選択し、
「インストール」画面を表示させます。

次に「作業対象」のドロップダウンリストから(右側の下向き黒三角をクリック)
「Helios - http://download.eclipse.org/releases/helios」を選択します。
図:インストール画面1

すると一覧に色々と追加されると思います。
図:インストール画面2

一覧の上のテキストボックスに「subversive」と入力してエンターキーを押します。
これで一覧がSubversiveに関連するものに絞られます。
(環境によっては若干時間がかかります)
図:インストール画面3

「Subversive SVN JDT 無視拡張(オプション)(インキュベーション)」
「Subversive SVN チーム・プロバイダー(インキュベーション)」
の二つにチェックを入れて「次へ」ボタンを押します。

そのまま内容に従って画面を進めていけばOKです。
最後に再起動を促されたら「今すぐ再起動」を選択しましょう。


次にSVNコネクターとして「SVN Kit」もインストールする必要があります。
eclipseを起動し、メニューの「ウインドウ」>「パースペクティブを開く」>「その他」を選択し、
「パースペクティブを開く」画面を表示させます。
さらに「パースペクティブを開く」から「SVNリポジトリー・エクスプローラー」を選択して「OK」ボタンを押します。
図:パースペクティブを開く画面

すると初回利用時のみ「コネクターのインストール」画面が表示されます。
ここから「SVN Kit 1.3.2」にチェックを入れて「完了」ボタンを押します。
図:コネクターのインストール画面

「インストール」画面になるので
「Subversive SVN コネクター」
「SVNKit 1.3.2実装(オプション)」
の二つにチェックを入れて「次へ」ボタンを押します。
(デフォルトでチェックがついていると思います)
図:インストール画面

そのまま内容に従って画面を進めていけばOKです。
最後に再起動を促されたら「今すぐ再起動」を選択しましょう。

使い方

「SVNリポジトリー」上で右クリック>「新規」>「リポジトリー・ロケーション」を選択します。
「SVNリポジトリー」が表示されていない場合は
メニューの「ウインドウ」>「パースペクティブを開く」>「その他」を選択し、
「パースペクティブを開く」画面を表示させます。
さらに「パースペクティブを開く」から「SVNリポジトリー・エクスプローラー」を選択して「OK」ボタンを押します。
これで「SVNリポジトリー」が表示されます。
図:SVNリポジトリー画面

「新規リポジトリー・ロケーション」画面が表示されるので、
URL、ユーザー、パスワードなどを入力して「完了」ボタンを押すと
「SVNリポジトリー」に追加したSVNリポジトリーがツリー上に表示されます。

更新履歴

2010/11/07 新規作成

TOPJava環境構築 → This Page
Valid CSS!