タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOPJavaJSP → This Page

JSP 概要

JSP とは

JSP(Java Server Pages) とは HTML 内に Java のコードを埋め込まれた形で記述され、
サーバー側でそれをサーブレットのソースファイルに変換しコンパイルして動作する仕組みである。

サーブレット(Servlet)と JSP の違い

サーブレット
・プログラムの中に HTML を埋め込み、コンテンツを生成
・Java のクラス構文をベースとした本格的なプログラムのため若干難易度(敷居)が高い
・変更が行われるたびにコンパイルが必要

JSP
・HTML の中にプログラムを埋め込み、コンテンツを生成
・スクリプトやタグ(アクションタグ)で記述出来るので若干難易度(敷居)が低い
・変更してもコンパイルは不要(配置だけで良い)

JSP の動作構造

初めてリクエストがあった際、JSP は一旦サーブレットのソースとして .java ファイルに変換される。
次にその .java ファイルが .class ファイルにコンパイルされる。
つまり最終的にはサーブレットとして動作する。
初めてのリクエストの際は変換とコンパイルの作業が入るため動作が重くなるが、
次回からはコンパイル済みのファイルが使われるためサーブレットと同様のパフォーマンスを得ることが出来る。

ちなみに上記処理を行うのは J2EE コンテナ(Tomcat など)。
Tomcat の場合、Tomcat インストールフォルダ\work\ フォルダ以下に
変換後の .java ファイルとコンパイル後の .class ファイルが出力される。

JSP の構成要素

JSP は以下の要素でプログラムが構成される。
構成要素
ディレクティブ(directive)(指令) J2EE コンテナに対してどのようにこのページを処理するか指示するもの
宣言(declaration) 変数、メソッドを宣言
スクリプトレット(scriptlet) 自由にコードを記述
式(expression) 実行結果を出力
アクションタグ 特定の動作をするタグ
コメント(comment) コメントを記述

JSP の実行

以下の実行例では J2EE コンテナを Tomcat とし、Tomcat インストールフォルダを %CATALINA_HOME% とする。
%CATALINA_HOME%\webapps\ フォルダに適当なフォルダを作成する。
今回の例では test という名前のフォルダにする。
作成したフォルダに test.jsp という名前のテキストファイルを作成し、
中身を以下のように記述する。

%CATALINA_HOME%\webapps\test.jsp
<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" %>
<html>
<body>
	<% out.print("テストです。"); %>
</body>
</html>

Tomcat が停止している場合は起動する。
ブラウザを立ち上げ、 http://localhost:8080/test/test.jsp にアクセスする。
(ポート番号を変更している場合は 8080 部分を変更したポート番号にする)
テストです。 とだけ記述されたページが表示されれば実行成功。

更新履歴

2007/12/01 Javaのコーナー細分化に伴い、URL の変更


TOPJavaJSP → This Page
Valid CSS!