タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP → This Page

XML > XML > 要素(element)

要素とは


XML 文章の最小構造。
開始タグと終了タグ、及びそれらに挟まれた内容により構成される。

要素
開始タグ
<要素名>
要素内容 終了タグ
</要素名>

(例)
<商品名>シャープペンシル</商品名>


上記の例でいうと
要素は   <商品名>シャープペンシル</商品名>
要素名は  商品名
開始タグは <商品名>
終了タグは </商品名>
要素内容は シャープペンシル
となる


親要素・子要素


要素は他の要素を含むことが可能である。
以下の例では「ドキュメント」が親要素、「題名」「作者」が子要素である。
<?xml version="1.0" ?>
<ドキュメント>
	<題名>あああああ</題名>
	<作者>いいいいい</作者>
</ドキュメント>


要素のルール1:終了タグは省略不可


HTML では終了タグを省略できるものがあったが、XML では終了タグを省略出来ない。
HTML の場合は以下でも可
<select>
	<option>AAAAA
	<option>BBBBB
	<option>CCCCC
</select>

XML の場合
<select>
	<option>AAAAA</option>
	<option>BBBBB</option>
	<option>CCCCC</option>
</select>

また、要素内容も子要素も持たない要素を空要素といい、
終了タグを省略した以下のような書式で記述する。
(書式)
<要素名/>
<要素名 属性名="属性値"/>
(属性に関しては属性の説明ページを参照)

HTML の場合は以下でもいいが XML ではエラー
<img src="AAAAA.GIF">

XML の場合は以下のようにする必要がある
<img src="AAAAA.GIF" />


要素のルール2:入れ子構造は正確に


入れ子構造は正確にする。
HTML の場合は以下でも可(本当はあまり良くないんだけどね)だが、
XML では不可である
<font color="red"><b>タイトル</font></b>

XML の場合
<font color="red"><b>タイトル</b></font>


要素のルール3:大文字小文字は区別される


大文字と小文字は区別されるため、大文字小文字の組合せが異なれば別の要素として扱われる。
例えば、開始タグ <Year> で始まる要素は終了タグ </Year> で終了させなければならない
終了タグが </year> 、</YEAR> だと「終了タグつけ忘れ」の扱いになる。


要素のルール4:ルートの要素は1つ


ルートの要素は1つだけにする。
以下の例ではルート要素として「ドキュメント」が2つあるため不正である。
<?xml version="1.0" ?>
<ドキュメント>
	<題名>あああああ</題名>
	<作者>いいいいい</作者>
</ドキュメント>
<ドキュメント>
	<題名>ううううう</題名>
	<作者>えええええ</作者>
</ドキュメント>

上記の例を訂正する場合は以下のようにルート要素を用意すればオーケー。
(「ドキュメント」は2つあるが、ルート要素「ファイル」は1つなので問題ない)
<?xml version="1.0" ?>
<ファイル>
	<ドキュメント>
		<題名>あああああ</題名>
		<作者>いいいいい</作者>
	</ドキュメント>
	<ドキュメント>
		<題名>ううううう</題名>
		<作者>えええええ</作者>
	</ドキュメント>
</ファイル>


TOP → This Page
Valid CSS!