タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP → This Page

XML > XML > DTD(Document Type Definition)

DTD とは


XML 文章のスキーマ設計を行うためのスキーマ言語の1つであり、
XML 文章内の各要素の構造を表す。

(書式)
<!DOCTYPE ルート要素名[
	定義内容
]>

(例)
<!DOCTYPE product[
<!ELEMENT product(name, price)>
<!ELEMENT name(#PCDATA)>
<!ELEMENT price(#PCDATA)>
]>


DTD 宣言


DTD の宣言は以下の種類がある。

種類 書式 内容
要素型宣言 <!ELEMENT ・・・> 要素名や、出現パターンを宣言
属性リスト宣言 <!ATTLIST ・・・> 要素に含まれる属性名、属性の型、デフォルト値を宣言
実体宣言 <!ENTITY ・・・> 置換文字列や外部ファイルをXML文書から参照する場合に記述
記法宣言 <!NOTATION ・・・> 実体宣言で宣言している外部ファイルのうち
XML 構文解析の対象としない外部ファイル(画像データファイルなど)を
参照する場合、そのファイル形式について宣言


DOCTYPE


DOCTYPE にはルート要素名を記述する。

(書式)
<!DOCTYPE ルート要素名[
	定義内容
]>

(例)
<!DOCTYPE product[
<!ELEMENT product(name, price)>
<!ELEMENT name(#PCDATA)>
<!ELEMENT price(#PCDATA)>
]>


TOP → This Page
Valid CSS!