タイトル
 メニューにないコーナーはTopからいけます
TOP → This Page

XML > XML > 記法宣言(notation declaration)

記法宣言


XML 文書の処理するアプリケーションで解析対象外実体を参照する場合、
アプリケーションに処理方法を判断させるために、その実体がどのような形式であるかを
定義するための特定の名前を記法と言い、DTD 内で記法を定義することを記法宣言と言う。

(書式)
宣言
<!NOTATION 記法名 SYSTEM "記法を特定する URI">
<!NOTATION 記法名 PUBLIC "公開識別子" "記法を特定する URI">

参照
<!ENTITY 実体名 SYSTEM "実体場所を特定する URI" NDATA 記法名>
<!ATTLIST 要素名 属性名 NOTATION 記法名 デフォルト値>


(例)
<?XML version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE 社員 [
<!ELEMENT 社員 (氏名, img)>
<!ELEMENT 氏名 (#PCDATA)>
<!ELEMENT img EMPTY>
<!ATTLIST img src ENTITY #IMPLIED>
<!NOTATION bmp SYSTEM "BitMap Type">
<!ENTITY IMGREF SYSTEM "Sample.bmp" NDATA bmp>
] >

<社員>
	<氏名>japan</氏名>
	<img src="IMGREF"/>
<社員>


TOP → This Page
Valid CSS!